キャッチバレーボールのルール

ルール概要

キャッチバレーボールは両手で取るバレーボールだから小さい子供でも安心

キャッチバレーボールのルールを簡単に説明すると以下の通りです。
コート

18メートル×9メートルの2面(バレーボールコートと同じ)

プレーヤー 9人制(15人登録)     一般男子6人制(12人登録)
ネットの高さ

女子12歳以上25歳以下が女子ヤング  215 cm

12歳以上の男子(一般男子)  225 cm  
小学生と一般女子(25歳以上) 205 cm

(9人制バレーボールのイメージです)

ボール

バレーボールの4号球

得点

15点制の3セットマッチ(ジュースはあります)

・ 両手を使ってバレーボールを取ります。
・ ドッチボールのように胸や手以外のところに同時に触っては反則になります。(ドリブル)
・ ボールを持っているときは1歩しか動けません。
・ バレーボールと同じで3回までに相手コートに返球します。
 (ブロックは数を数えません)
・ サーブは片手投げで相手コートに入れます。
・ アタックは両手でボールを持って相手コートにたたきつけます。
 (そのときボールを持って1歩以上動くと反則となります。)
・ レシーブは両手で取りますが頭や肩などの体の一部に当たってもOK
・ ボールが床やコート外に落ちたら得点

 

 ※正式なルールは競技規則としてまとめられています。
  ルールブックは販売しています。
  ルールブックが必要な方は協会までお申し出ください。印刷、製本の都合上、無料配布は行っておりません。  

PAGETOP
Copyright © 練馬区キャッチバレーボール協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.